自分で名詞を作成する時のポイント3選とは!

何をしている会社なのかがしっかり伝わること!

名刺を作成する時にまず重要なことは、その名刺が一体どんなことをしている会社なのかがしっかり伝わるように心掛けましょう。自分の名前や会社名だけで何をしている会社の名刺なのかが伝わる場合はいいですが、会社名を見ても何の会社かよくわからない名前の場合は、その会社の事業をロゴマークやキャッチコピーで説明してする名刺にデザインする事をオススメします。ビジネスにおいて、名刺は大量に貰うものです。後日見返しても、記憶がなく一体何の会社でいつ貰ったのかを忘れがちですよね。そんな場合に、会社の詳細が解れば思い出すキッカケとなるのでこの方法は役立ちますよ。

他の名刺と紛れていてもすぐに見つかるカラーを選ぶ!

続いては名刺のカラーリングの選び方です。一般的には白ベースが基本ですが、ホワイト系にも暖色よりの白など複数の選択肢があります。また個人事業のクリエイティブ系の場合、白い名刺だと面白みがなくオリジナリティがありませんよね。そこで大量の名刺の中に紛れていても、一瞬で見分けがつくように特徴的なカラーコーディネートを意識しましょう。すべてにその色を使わなくてもふち取りや一部の指し色でも効果抜群なので、非常にオススメですよ。

一度見たら頭に記憶が残るデザインを選ぶ!

3つ目に紹介する方法は、名刺自体のカタチのデザインです。この大きさも一般的には決まった企画がありますが、大量に束ねた場合他の名刺に混ざってしまうため、埋もれてしまいがちですよね。そこで特徴的な名刺でも構わないのであれば、あえて企画サイズから大きさを外してみるのもアリです。ただ大きくしてしまうと名刺ホルダーに入れられなくなるので、あえて小さなサイズにすればそれだけで、オリジナリティを発揮できます。以上のような3つのポイントに意識しながら名刺をつくる事で、オリジナリティの高い魅力的な名刺をつくることができますよ。

名刺作成ソフトを使うことによって名刺が簡単につくれます。あらかじめテンプレートが決まっているので、それを選ぶだけです。

Related Posts