ネット誹謗中傷を舐めてはいけないことを知ってほしい!

傷つくのは自分だけか?

ネットをやっていると、何かしらのコメントに目がつくでしょう。一般人ならともかく有名人の場合は無数の人から見られやすいので、ネット誹謗中傷の絶好のターゲットになりがちです。そうならないために、無視するのが一番ですが、騒動が大きくなるとなんらかの対策が必要でしょう。テレビなど影響力がある人は無視することによるイメージ悪化は甘く見てはいけないですよね。対策を立てておく必要がありますが、それでも騒動の余波が多方面に及びます。

誹謗中傷されたらすぐに対策を!

一般人でも、有名人でも誹謗中傷をしてはいけないですよね。被害を受けた人は警察などに被害届を出しますが、ネットで受けた誹謗中傷が事実でないにもかかわらず事実と受け止める人も少なくないでしょう。それでも事実と反する場合は争いを恐れてはいけないです。有名人は見えない所で仕事に影響を及ぼしています。テレビタレントの場合、出演本数が激減したりと仕事減っていると勘ぐられるでしょう。ネット誹謗中傷は収まっても誰かが拡散していくので、対策に頭を抱えています。

ネット誹謗中傷は犯罪でしょ?

一般人でもネット誹謗中傷されると傷つきますし、犯人探しをしたくなる気持ちは分からなくもないです。それでも色んな人が見ているという意識が必要ですが、警察でも対策に苦慮しています。インターネットなどの犯罪対策は急を要しますが、それでも追いついていかないのが現状です。誰かが拡散していくので、犯人は増える一方なのです。対策は練りに練っていきますが、たとえ追いついてもさらにその上に行くのがネットの力です。ネット誹謗中傷は犯罪ですが、拡散されないようにしましょう。

逆SEOをすると検索した際に悪い影響を与えるサイトの順位を下げることが出来るので企業のイメージを守れます。

Related Posts