本当にネットワーク監視は実際に行われているのか?

情報マナーを呼びかけるネットワーク監視!

1990年代から急速に普及したのが情報技術となります。専門的な技術やノウハウは劇的に進歩、普及しましたが「情報モラル」においては、出足が遅れることとなりました。そのため、情報マナーに反した問題などが右肩上がりに増加してきているという社会化現象が発生しています。そのことから、事前に防ぐため・未然に防ぐために「ネットワーク監視」が実際にされているということとなります。また、ネットワーク監視の役割は、事前に防ぐことを目的に監視がされていることとなります。

情報倫理を守るために働きかけるネットワーク監視!!

高度情報化社会により、インターネットの普及・ネットワーク環境の改善がされました。そのため、「誰でも利用をすることができるようになり、身近な高度情報技術」という形になってきました。しかし、良いことばかりではなく、情報マナーを破り、自己利益のために法などを反する者も出てきていることから、それに対して迅速に対応をしなければならない技術がネットワーク監視というものであり、ネットワークの監視役、つまり、パトロールをする役割となります。

ネットワーク監視は、ネットワークの警察官

インターネットは1990年代から急激に普及することとなりました。そのため、情報技術は普及しましたが、情報ルールを作るには後手後手となった社会化現象があります。そのため、その隙を狙って自己利益のために他人のプライバシーや他人に害することを起こそうと働きかける者や自己利益追求のためにプログラムを組んだりするなど、ネットワークを自由に操り、不正アクセスする事件などが起きることから、防ぐためにネットワーク監視が非常に大切な働きとなっています。

システムの性能や機能などを維持するためには、コンフィグ管理が必要です。適切に行って、コストの削減などを目指します。

Related Posts