旅館やホテル、レストランなどの見せる内容が多いホームページの作りの考え方とは?

トップ画像の大きさに関する考え方

旅館やホテル、レストランなどのホームページへ訪れる方とは主に二つのタイプに分かれますよ。一つは、既に旅館やホテル、レストランの存在を知っており、直接、そのページを探されている方と、もう一つは、地域にある旅館やホテル、レストランなどを抽象的に探されている方です。既に知れ渡っている場合は、トップ画像は小さくしてコンテツを大きく見せる事がポイントであり、抽象的な内容は、競合となるホームページもあるため、大きく見せる事がポイントになりますよ。実際に利用されなくても、大きさと言う特徴が記憶に残り、後々利用してみたいと思ってもらえる可能性もありますよね。

本文の量はどれぐらいが適切なのかと言う考え方

本文の量が多いとか少ないとかは、何かしら比較する物があると言う事ですよね。この比較と言うのは、他のホームページとの比較となる事もありますが、画像と本文の量の比較でも多さに対する比較となる事がありますよ。例えば、同じ正方形の図を上下並べた場合は、両方とも同じ大きさに見えますが、下の図を縦に小さくした場合、上の図はサイズは変わらないにも関わらず大きく見えますよね。イメージをメインに訴える場合は、画像の大きさよりも本文の領域は小さい方が望ましいと言えるでしょう。レストランのメニューなどで、文章がだらだれと多く説明されているメニューは、読む気が薄れてしまう様な事と言えますよ。

興奮と抑制の二つの考え方

旅館やホテル、レストランなどに足を運ぶ場合は、興奮をして楽しみたい方もいれば、精神をリラックスさせ落ち着いて利用したい方もいますよね。この相反するターゲットに対して、明瞭化を行ないそれに合わせてホームページを作成する事が大切ですよ。興奮を引き起こす場合は、実際に利用している人達の楽しんでいる画像を扱う事によって興奮を誘発させる事が可能になります。リラックスできる落ち着いた雰囲気を演出する場合は、できるだけ人の掲載されている画像は抑え、利用する場合は、二、三人がリラックスしている姿の画像を利用する事が望ましいと言えるでしょう。

ホームページ制作とは言葉の通りホームページを制作することです。ホームページを作るソフトウェアなどが販売されています。

Related Posts