web制作というものの内容について、少々解説してみるならば・・・

webネットワークというものの仕組み・・・

クライアント/サーバー・モデルであるwebネットワーク(http)では、webクライアントであるブラウザがwebサーバーにアクセスすると、そのwebサーバー上に構築されているwebサイトのページが、ブラウザ上に表示されるようになっています。このwebサーバー上にwebサイトを構築するための作業がweb制作です。web制作では、webアプリケーションと呼ばれている開発手法を用いるのが一般的となっています。

webアプリケーションとはどのようなもの?

webアプリケーションとは、webサーバー上にwebサイトを構築するための開発手法です。webアプリケーションは、ブラウザ上に表示されるwebページとなるhtmlテキストと、webサーバー上で動作するエンジンとなるプログラム、およびデータを格納しているデータベースとの組み合わせによって構成されます。htmlテキストがwebサーバーに、プログラムはwebアプリケーション・サーバーに、データベースはデータベース・サーバーに格納され、このサーバー郡によって、webサイトが構築されることになるのです。

web制作という作業で作られるものとは・・・

webアプリケーションは、webサーバーを呼び出すwebクライアント(ブラウザ)と、webサーバーとのやり取りによって動作する、というクライアント/サーバー型のシステムです。このシステムでは、webクライアント(ブラウザ)側をフロントエンド、webサーバー側をバックエンドと呼びますが、アプリケーション本体は全てバックエンドに置かれています。web制作では、ブラウザ上に表示されるwebページとなるhtmlテキストに、webサーバー上で動作するエンジンとなるプログラム、およびデータを格納しているデータベース、の全てを制作することになるのです。

web制作のwebとは、インターネット上でホームページが見れると思いますが、そのページを公開、閲覧することが出来るシステムのことをいいます。その制作ですから、ホームページ作成ともいえます。

Related Posts