あなたの会社では参考にしてるかな!?リーダー育成で大切なその内容とは?

偉人のリーダーシップ

戦国時代には、多くの大名がリーダーシップを発揮をして群雄割拠時代を生き抜いて来た物ですよね。戦国時代の武将も参考になる物であり、現在にいたっても参考にしている某有名な大企業の社長さん達が多くいますよ。群雄割拠時代を生き抜いて来た有名な大名に対して共通して持ち合わせている事があり、その共通して言える内容とは優秀な家臣に支えられて来た事が挙げられます。そして、もう一つ共通して言える事は、主は優秀な家臣の意見や考えをしっかりと聞き入れて来た事も挙げられますよ。リーダーになると、天狗の様な状態となり、他人の意見を聞き入れなくなる可能性がありますよね。優秀なリーダーになるための大切な要素の一つとして聞く耳を持つ事が大切と言えるでしょう。

新しい事は率先をして自ら行動を起こす

新しい内容と言うのは、結果に不安が生じてしまうため他の人に任せたい心理状態が生まれて来る事もありますよね。自分では行動は起こさず、命令ばかり言うリーダーは、実際に行動を行う人の心理を見失ってしまう可能性があり、最適で適切な命令も与えられなくなってしまう可能性もありますよ。一人だけ率先過ぎるリーダーは部下がついていけなくなる可能性もあるため、部下よりも一歩リードする様な率先力を養う事が優秀なリーダーに必要な条件と言えるでしょう。

リーダーシップを鍛えるために登山でトレーニング

リーダーシップを鍛えるトレーニングの一つとして、部下と一緒に行う登山がお勧めですよ。登山は山と言う頂上を目指す物であり、目的を持って行動を行う力を養う事が可能です。遅れている方に対しての、言葉のかけ方や、早く歩きすぎている方への注意のかけ方なども学ぶ事が出来ますよね。目標に向かっての世間話などは、コミュニケーション能力を高め、お互いの絆を高めて行く事も可能になりますよ。全員で頂上まで登った暁には、リーダーとしての信頼感が高まり、部下からのリーダーとしての評価が高まる可能性も期待できます。

会社に入って間もない場合には、社員研修をしっかり行ってくれて、会社の仕事内容を勉強することができます。

Related Posts