意外と簡単?初心者でもできるwebページ制作

ホームページはどうやってつくるのか

普段インターネット上にあるwebページがどのような仕組みで作られているのかについて説明します。パソコン等でhtmlと呼ばれるウェブページのファイルを作ります。そして、それをインターネットサーバーにアップーロードすることで、世界中の人がアクセスすることができるようになります。一見難しそうに見えるかもしれませんが、やってみれば意外と難しくありません。最近は教材も充実していて、また、無料で始めることもできるので、チャレンジしてみてはどうでしょう。

htmlをマスターするには

webページを作る上でhtmlファイルは必要になります。その書き方にはルールがあります。インターネット上で検索すれば、初心者にもわかりやすく解説してくれるウェブページがあります。そちらを利用すると良いでしょう。また、エディタにも、初心者にやさしい物があります。誤字脱字を指摘してくれたり、色分けして見やすくしてくれたりするのでとても使いやすいです。また、htmlを覚えなくても編集できるものもあるので、そちらを利用しても良いでしょう。

基本をマスターしたら応用内容を覚える

htmlはウェブページ制作の上で基本的な言語です。ほとんどのウェブページは、他の言語を取り込むことで、さらにクオリティの高いものになっています。その代表例として、cssやjavascriptなどがあります。これらを利用することで、よりデザイン性が高く、様々な機能がついたものを作れます。例えば、最近急激にスマートフォンに対応したものが増えていますが、それらはcssを使って作られています。活用して自分だけのwebページを制作しましょう。

コーディングというのは、簡単に言うと、プログラミング言語を使って、新しいプログラムを作ること、もしくは、プログラムを修正することです。

Related Posts